外務省: 日・パキスタン租税条約の改正交渉の開始について

報道発表

日・パキスタン租税条約の改正交渉の開始について

平成19年2月19日
  1. 我が国政府は、2月27日(火曜日)東京においてパキスタン政府との間で、日・パキスタン租税条約の改正交渉を開始する。(第1回正式交渉は、2月27日(火曜日)より3月2日(金曜日)まで開催予定)
  2. この交渉は、1959年に発効(1961年に一部改正が発効)した租税条約の改正に向けて行われるものである。

【参考】

正式名称:所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とパキスタンとの間の条約

署名:1959年(昭和34年)2月17日
発効:1959年(昭和34年)5月14日

    (一部改正)
署名:1960年(昭和35年)6月28日
発効:1961年(昭和36年)8月1日

このページのトップへ戻る
目次へ戻る