報道発表

日本国民に対するモルドバ共和国入国査証の免除について

平成18年12月8日

 今般、モルドバ共和国外務省より在モルドバ日本大使館を通じ、概要以下のとおり通知があった。

 モルドバ共和国議会は、2007年1月1日から、日本国民に対し一方的に査証制度を廃止するとの決定を採択した。査証免除でモルドバに滞在できるのは、90日を超えない期間となる。

(参考)モルドバ共和国

 首都:キシニョフ(キシナウ)
 位置:西側をルーマニア、北側、東側をウクライナと接する。
 面積:約3万4000平方キロメートル(関東と同程度)
 人口:約420万人(四国と同程度)
 一人あたり国民所得:880ドル(2005年世界銀行発表)

このページのトップへ戻る
目次へ戻る