報道発表

ギニア共和国の「ブルビネ零細漁港拡張計画」に対する無償資金協力について

平成18年11月29日
  1. 我が国政府は、ギニア共和国政府に対し、「ブルビネ零細漁港拡張計画」(Projet d'extension du port de pêche artisanale de Boulbinet)」の実施に資することを目的として、総額4億500万円を限度とする額の無償資金協力を行うこととし、このための書簡の交換が11月29日(水曜日)、コナクリにおいて、我が方片岡林造駐ギニア大使と先方シディベ・ファトゥマタ・カバ国際協力大臣(Madame Sidibe Fatoumata KABA, Ministre de la Coopération Internationale de la République de Guinée)との間で行われた。
  2. ギニア共和国の首都コナクリでは、5000人弱が零細漁業を営み、首都に対する安定した食糧供給を担っている。特に、2000年に我が国無償資金協力により整備したブルビネ漁港は、コナクリ漁民のほぼ半数、登録漁船数の3割弱が所属し、同港が唯一のEU向け輸出鮮魚水揚げ指定港となったこともあり、他港の登録漁船を含めコナクリのおよそ55%の漁船が水揚げしている。その結果、当初の設計規模を上回る2.3倍の漁船が集中し、水揚げ量も2倍に達している。他方、水揚げと港湾関係者、一般消費者の増大により、当初想定していなかった地域市場としての機能を有するに至り、水揚漁港として増大する水揚げ量に対応できないのみならず、係船・荷捌き・製氷等の既存施設が常に飽和状態となり、衛生的、安全かつ効率的な水揚げ作業に支障を来しているのが現状である。
     このような背景のもと、ギニア共和国政府は、ブルビネの港内混雑の問題の解決、漁港の機能向上・各作業の効率化、零細漁民・関係者の収入向上を目的として、既存のブルビネ零細漁港の敷地拡張、桟橋の拡充、製氷・冷蔵施設及び燻製加工施設の増設などを内容とした「ブルビネ零細漁港拡張計画」を策定し、我が国に対し無償資金協力を要請したものである。
  3. この計画の実施により、漁港内の混雑が解消され、効率的な水揚げ作業や燻製加工品の増産が期待されるほか、鮮魚・燻製品の国内外への流通が盛んになることにより、漁業関係者の収入が向上することが期待される。

(参考)
 ギニア共和国はアフリカの西岸、北緯10度前後に位置し、国土面積は約25万平方キロメートルと我が国本州とほぼ同じ面積で多様な自然と民族を抱えている。同国総人口は約940万人。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る