報道発表

インドネシアに対する円借款の実施について

平成18年11月28日

(写真)麻生大臣とウィラユダ・インドネシア外相による署名式

麻生大臣とウィラユダ・インドネシア外相による署名式

  1. 我が国政府は、インドネシア共和国政府に対し、同国の経済社会開発努力を支援するため、「ジャカルタ都市高速鉄道計画(エンジニアリング・サービス)」(the Engineering Services for Jakarta Mass Rapid Transit System Project)に対し、18億6,900万円を限度とする円借款を実施することとし、このための書簡の交換が11月28日(火曜日)、東京において、我が方麻生太郎外務大臣と先方N.ハッサン・ウィラユダ外務大臣(His Excellency Dr. N. Hassan Wirajuda, Minister for Foreign Affairs)の間で行われた。
  2. ジャカルタ首都圏では、交通インフラ網の未整備、過度の道路交通への依存等により朝夕のラッシュ時を中心に大規模な交通渋滞が発生している。
     「ジャカルタ都市高速鉄道計画」は、交通混雑が深刻なジャカルタにおいて鉄道(レバブルス-ドゥクアタス間、総延長約14.5キロメートル。一部地下鉄。)を建設することにより、ジャカルタ首都圏の旅客輸送力の増強を図ることを目的とするものであり、今回の円借款の実施により、同計画の調査・設計等を行う。
  3. 供与条件

    (1)金利:年0.40%(本邦技術活用条件)
    (2)償還期間:40年(10年の据置期間を含む)
    (3)調達条件:日本タイド

  4. 今回の円借款の実施により、ジャカルタ首都圏の都市機能回復および投資環境整備に寄与するとともに、インドネシアの安定的発展を通じて我が国をとりまく国際環境の安定化及び同国との関係緊密化に貢献することが期待される。
  5. なお、今回の書簡の交換により、インドネシアへの円借款の実施累計額は4兆425億6,800万円になる。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る