報道発表

アフガニスタンへの国連安保理ミッションの派遣について

平成18年11月10日
  1. 我が国政府は、国連安全保障理事会非常任理事国として2005-2006年の期間、国連安保理においてアフガニスタンに関する議論を主導してきた。今般、主要理事国から構成される国連安保理ミッションをアフガニスタンに派遣することを我が国として提案し、大島賢三我が国国連代表部常駐代表を団長とするミッションが、11月10-17日の予定で派遣されることとなった。
  2. 同安保理ミッションは、アフガニスタン滞在中、カルザイ大統領他アフガニスタン政府要人、議会関係者、司法関係者、市民代表と会談する他、地方都市の視察も行う予定である。また、アフガニスタン復興における重要課題として我が国が貢献してきているDDR(元兵士の武装解除・動員解除・社会復帰)/DIAG(非合法武装勢力の解体)関連施設も視察する予定である。
  3. アフガニスタンへの国連安保理ミッションの派遣は、2003年11月以来3年ぶりである。今回のミッションは、アフガニスタンと国際社会との間で締結されたアフガニスタン・コンパクトに基づく同国に対する国際社会の協力姿勢をアフガニスタン政府及び国民に確約するとともに、麻薬対策、DDR/DIAGを含む治安部門改革、人権等の分野のアフガニスタンにおける努力の進捗状況及び現地に展開している国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)や国際治安支援部隊(ISAF)の活動状況についても視察する。

(参考)日程

日程
日付 予定
11月10日(金曜日) NY出発
アフガニスタン滞在
パキスタン滞在
11月17日(金曜日) NY着

(参考)近年の国連安保理ミッションの例

2002年12月 コソボ、ベオグラード、ユーゴスラビア
2003年7月 西アフリカ
2003年11月 アフガニスタン
2004年7月 西アフリカ
2004年11月 中部アフリカ
2005年5月 ハイチ
2005年11月 中部アフリカ
2006年6月 スーダン、チャド、コンゴ(民)

このページのトップへ戻る
目次へ戻る