報道発表

朝鮮半島出身旧軍人・軍属及び旧民間徴用者等の遺骨の問題に関する第5回日韓協議の開催について

平成18年11月8日
  1. 朝鮮半島出身旧軍人・軍属及び旧民間徴用者等の遺骨の問題に関する第5回日韓協議は、11月9日(木曜日)、東京(三田共用会議所)で開催される。
  2. 今回の協議には、我が国からは、梅田邦夫アジア大洋州局参事官を代表とし、内閣官房、外務省、厚生労働省及び文化庁の関係者が、韓国からは朴聖圭(パク・ソンギュ)日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会事務局長を代表とし、同委員会、外交通商部及び在京韓国大使館等の関係者がそれぞれ出席する。
  3. 今回の協議においては、朝鮮半島出身旧民間徴用者等の遺骨の実態調査及び実地調査の進捗状況、祐天寺に保管されている旧軍人・軍属等の遺骨の返還に向けた協力、韓国人遺族による海外激戦地における慰霊巡拝の取り進め方等につき話し合われる予定である。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る