報道発表

コスタリカに対する円借款の供与について

平成18年4月1日
  1. わが国政府は、コスタリカ共和国政府に対し、「サンホセ首都圏環境改善計画」(Metropolitan San Jose Environment Improvement Project)のため、150億100万円を限度とする円借款を供与することとし、このための書簡の交換が4月1日(土曜日)(現地時間3月31日(金曜日))、サンホセにおいて、わが方鈴木康久在コスタリカ国臨時代理大使と先方ロベルト・トバル・ファハ外務・宗務大臣(Roberto TOVAR Faja, Minister of Foreign Affairs and Worship of the Republic of Costa Rica)との間で行われた。
  2. 対象案件の概要
    コスタリカ共和国サンホセ首都圏において下水管網および下水処理施設が整備されることにより、汚染が著しい都市河川・水路の水質改善が図られ、もって首都圏住民の生活・衛生環境の改善に寄与するもの。
  3. 供与条件
    (1)金利:年1.20%(優先条件)
    (2)償還期間:25年(7年の据置期間を含む)
    (3)調達条件:一般アンタイド。
  4. なお、今回の円借款の供与により、これまでにわが国がコスタリカに対して供与した円借款の総額は661億5,500万円となる。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る