外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 報道・広報 演説
演説
田中外務大臣演説

アフガニスタン復興支援国際会議
大臣主催レセプションにおける田中外務大臣挨拶

平成14年1月20日
(この演説は英語で行われました。以下はその和文仮訳です。)

英語版はこちら(原文)

 ご列席の皆様、

 たった今、会場に、美しくもせつない歌声が流れたことに皆様はお気づきになったでしょうか。これは、私が、昨年の11月にパキスタンのペシャワール近郊のシャムシャトゥー難民キャンプを訪ねた折に、アフガニスタン難民の少女たちが私のために歌ってくれた故郷を懐かしむ歌です。少女たちの声の清らかさが今でも私の耳を離れません。また、そこでは、足を無くした方にも出会いましたが、彼が自ら履くことのない靴を縫う姿を見た時のやるせなさを忘れることはできません。その時こそ、彼らの母国であるアフガニスタンの明るい将来を築くためできる限りの努力を傾注しようと、私が自分自身に誓った瞬間でした。
 9月11日のあの忌まわしい事件から早くも4ヶ月が経ちました。本日、振り返ってみて、我々はあの事件から何を学んだのでしょうか。私が学んだことは、暴力は何も変えることはできないということです。
 9月11日の事件を契機として、今、アフガニスタンの将来に世界中の耳目が集まっています。これまで約20年間に亘り戦乱が繰り広げられてきた同国では、アフガニスタンの方々自身の努力と国際社会の協力が実を結び、タリバーンからの解放や、暫定政権の樹立が実現しました。しかしながら、我々が決して忘れてはならないのは、いかにしてこの国に安定と繁栄をもたらすかという長期的な視点を持つことだと思います。アフガニスタンでは、5分に1人の割合で人が亡くなり、1分に1人が難民・避難民になっているとも言われており、事態は極めて深刻であります。
 異なる民族は、元来、互いに協力し、共存するものでありながら、政治・軍事・経済に関わる外的な要因によって民族間の対立が生まれます。文化人類学の世界でもそのように言われていると承知しております。この分析は、「紛争予防を成功させる鍵は、人々が多様性を受け入れられるかどうかにかかる」との私の信念を裏付けるものです。今まさに、我々は原点に立ち返って、アフガニスタンの問題に取り組み、あらゆる支援の手を差しのべる時だと考えます。
 アフガニスタン問題は、アフガニスタンだけの問題ではなく、人間の問題であり、私の、そしてあなたの問題なのです。明日からの会議では時間は限られていますが、全力を尽くし、ともに仕事をしていこうではありませんか。
 有り難うございました。


田中外務大臣演説 / 平成14年 / 目次


外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省