談話・コメント

野田総理大臣の談話

シハヌーク前国王の崩御に関する野田内閣総理大臣の談話

平成24年10月15日

  1. ノロドム・シハヌーク・カンボジア王国前国王の崩御の報に接し,カンボジア王室,王国政府及び国民の皆様に対し,日本政府及び国民を代表して心から哀悼の意を表します。
  2. 故シハヌーク前国王は,カンボジアの独立,平和,安定のため,生涯を通して尽力されました。特にカンボジア和平プロセスにおいては,国民統合の象徴として国民の和解と和平の実現に中心的な役割を果たされました。
  3. 我が国との関係では,1955年に国賓として訪日されたことを始め,また我が国のカンボジア和平プロセスへの貢献における最大の理解者として将来にわたる両国の友好関係の礎を築かれました。
  4. カンボジアの現代史を体現される類い希な指導者の崩御は,カンボジア王国のみならず,国際社会,とりわけ我が国にとっても大変大きな損失であります。
  5. 故シハヌーク前国王の御冥福をお祈りするとともに,カンボジア王室,王国政府及び国民の皆様がこの悲しみを乗り越えることを衷心より希望します。
 

このページのトップへ戻る
総理大臣談話・コメント |  平成24年談話 |  目次へ戻る