談話・コメント

外務大臣談話

ムタリカ・マラウイ共和国大統領の逝去及びバンダ新大統領の就任について

平成24年4月9日

  1. ビング・ワ・ムタリカ・マラウイ共和国大統領の御逝去の報に接し,御遺族並びにマラウイ共和国政府及び国民に対し,我が国として謹んで哀悼の意を表します。
  2. ムタリカ大統領は大統領に就任以降,2006年に公式実務訪問賓客として,また,2008年に横浜で開催された第4回アフリカ開発会議(TICAD Ⅳ)の際に来日され,日本・マラウイ関係,及びアフリカ地域の発展に多大な貢献をされました。
  3. ムタリカ大統領の御冥福を心よりお祈りするとともに,マラウイ政府と国民がこの悲しみを乗り越え,マラウイ共和国の一層の発展に引き続き邁進されることを希望します。
  4. また,4月7日(土曜日),ジョイス・バンダ・マラウイ副大統領が,憲法規定に基づいて,新大統領に就任されたことを歓迎します。我が国としては,バンダ大統領のリーダーシップの下,マラウイがさらなる社会経済開発を進めると共に,アフリカ地域の平和と安定に引き続き貢献することを期待します。また,日・マラウイ間の友好・協力関係を一層強化していく考えです。

このページのトップへ戻る
外務大臣談話 |  平成24年談話 |  目次へ戻る