談話・コメント

外務報道官談話

スーダン及び南スーダン両国による合意文書の署名について

平成24年9月28日

  1. 我が国は,9月27日(木曜日),スーダン及び南スーダン両国が,治安,石油及び国籍等に関する一連の合意文書に署名したことを歓迎します。また,本合意を実現させた両国の首脳・交渉当事者及びアフリカ連合ハイレベル履行パネル(AUHIP)関係者等の努力に敬意を表します。
  2. 我が国としては,両国が本合意を着実に履行するとともに,アビエ問題等の未解決の課題について早急に合意に達することを期待します。
  3. 我が国としては,スーダン・南スーダン両国の平和的共存に向けた努力を引き続き支援していく考えです。

【参考】
 9月23日からエチオピア・アジスアベバにおいて行われてきた南北スーダン首脳会談の成果として,27日,両国政府は,両国国境付近の治安に関する合意,南スーダンのスーダンからの分離独立後の段取りに関する合意(国籍,貿易及び貿易に関する事項,国境画定,二国間の中央銀行関係及び給与・年金支払い,資産,石油),及び,二国間の協力に関する合意文書に署名した。但し,アビエ地域の帰属問題及び係争地・領有権主張の問題については,合意にいたらず,継続協議される見込み。

このページのトップへ戻る
外務報道官談話 |  平成24年談話 |  目次へ戻る