談話・コメント

外務大臣談話

リビア情勢に関する国際連合安全保障理事会決議第1970号の採択について

平成23年2月27日

  1. 日本政府は,リビア当局により,国民のデモに対し著しい暴力が行使されていることを強く非難するとともに,多くの死傷者が出ていることを強く懸念しています。ムアンマル・アル・カダフィ革命指導者をはじめリビア当局が,リビア国民に対する暴力をただちに停止するよう強く求めます。
  2. 26日(土曜日)(ニューヨーク時間,日本時間27日(日曜日)),国連安全保障理事会は,リビア情勢に関する決議第1970号を採択しました。今般採択された決議は,リビア当局に対する国際社会の明確なメッセージであり,日本政府はリビア当局に対し同決議をただちに遵守するよう強く求めます。
このページのトップへ戻る
外務大臣談話 |  平成23年談話 |  目次へ戻る