談話・コメント

岡田外務大臣談話

フィリピン大統領選挙について

平成22年6月9日

/mofaj/press/release/logo/apec2010.jpg

  1. 5月10日(月曜日)の大統領選挙の結果,6月9日(水曜日),ベニグノ・アキノ3世(Mr. Benigno AQUINO Ⅲ)候補がフィリピン新大統領に当選されたことに祝意を表します。

  2. わが国は,民主的に行われた今回の選挙において示されたフィリピン国民の期待と支持を基礎に,新大統領が,フィリピンの直面する諸課題に積極的に取り組まれ,更なる安定と発展を達成されるよう希望しています。

  3. わが国は,これまでもフィリピンの社会経済開発を出来る限り支援するとともに,ミンダナオ和平プロセスにも積極的に関与してきました。今後も,これらの支援を行うとともに,日・フィリピン経済連携協定(EPA)を活用した貿易・投資の拡大等を進めていく考えです。

(参考) フィリピン大統領選挙

  1. 6月9日(水曜日)午後4時頃(日本時間午後5時頃)、フィリピン上下両院合同議会による当選宣言がなされた。

        候補者名     (政党名)           得票数
    (1)アキノ上院議員   (自由党)         15,208,678
    (2)エストラダ前大統領 (PMP)           9,487,837
    (3)ビリアール上院議員 (国民党)         5,573,835
    (4)チュドロ前国防長官 (Lakas-Kampi-CMD)  4,095,839

  2. 新大統領就任式は,6月30日(水曜日),マニラにおいて行われる予定。
このページのトップへ戻る
岡田外務大臣談話 |  目次へ戻る