談話・コメント

岡田外務大臣談話

第一次戦略兵器削減条約(STARTⅠ)後継条約署名について

平成22年4月8日

  1. 4月8日(木曜日)、オバマ米大統領及びメドヴェージェフ露大統領は、プラハで行われた米露首脳会談において、第一次戦略兵器削減条約(STARTⅠ)後継条約に署名しました。
  2. 同条約は、米露両国が進めてきた交渉の成果として、核弾頭と運搬手段の削減の水準に合意したことなど、両国の核軍縮において重要な進展があったことを示しており、我が国としてこれを歓迎します。
  3. また、核兵器不拡散条約(NPT)第6条の核軍縮義務に従ったこの条約が、5月のNPT運用検討会議に先立ち署名されたことは、同会議に向けた重要な貢献であり、我が国として高く評価します。
  4. 我が国としては、両国による同条約の早期批准を期待するとともに、その他の核兵器保有国も参加した世界的な核軍縮の進展及び目標である「核兵器のない世界」に向けて、国際社会の中で一層リーダーシップを発揮していきます。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る