談話・コメント

外務報道官談話

国連イラク特使に対する爆弾テロ事件の発生について

平成22年10月20日

  1. 19日(火曜日),イラク中部のナジャフで国連のイラク担当特使であるメルカート事務総長特別代表に対する爆弾テロとみられる事件が発生したことは極めて遺憾です。我が国は,イラクにおけるテロ行為を断固として非難します。

  2. 我が国は,イラクにおける政治プロセスの進展と復興・開発支援のために尽力している国連イラク支援ミッション(UNAMI)の活動を評価します。また,我が国は,引き続きイラク国民が民族・宗派を互いに尊重し,国民融和を図りつつ,本年3月の国会選挙の結果を踏まえた早期の新政府樹立を含む国づくりに向けた努力を払うよう期待します。我が国は,そのようなイラク国民の努力を引き続き積極的に支援していきます。

このページのトップへ戻る
外務報道官談話 |  平成22年談話 |  目次へ戻る