談話・コメント

中曽根外務大臣談話

ボンゴ・ガボン共和国大統領の御逝去について

平成21年6月9日
  1. 6月8日のボンゴ・ガボン共和国大統領の御逝去に際し、同大統領の御冥福を心よりお祈りするとともに、御遺族、ガボン共和国政府及び同国国民に対し心から哀悼の意を表します。
  2. ボンゴ大統領は1967年11月から41年6か月の間大統領職にあり、アフリカの長老の一人として尊敬を集め、アフリカ諸国の安定に大きく貢献されました。昨年は、横浜でのアフリカの開発に関する国際会議(TICAD IV)(5月)に大統領自ら出席されるとともに、それに先立つ閣僚級準備会合のガボン開催(3月)に協力頂くなど、TICAD IVの成功に多大な御協力を頂きました。ボンゴ大統領の長年にわたる日本・ガボン関係強化への御尽力に改めて深く感謝致します。
  3. ガボン共和国政府と国民がこの悲しみを乗り越え、ガボン共和国の一層の発展に引き続き邁進されることを希望します。
このページのトップへ戻る
中曽根外務大臣談話 | 平成21年談話 | 目次へ戻る