談話・コメント

外務報道官談話

最近のホンジュラス情勢について

平成21年9月25日
  1. 今般のセラヤ大統領のホンジュラス帰国を受け、すべての関係者に対し、セラヤ大統領の生命及び身体の安全を確保するとともに、暴力を伴う又は誘発するいかなる行動も避け、対話による平和的な問題解決を追求するよう求めます。
  2. 我が国は改めてホンジュラスにおけるクーデターを非難するとともに、国連や米州機構等の国際的な取組が奏功し、関係当事者が、できるだけ早期に「サンホセ合意案」に基づく解決を受け入れることを強く期待します。

(参考)

このページのトップへ戻る
外務報道官談話 | 平成21年談話 | 目次へ戻る