談話・コメント

外務報道官談話

ホンジュラス情勢について

平成21年7月2日

  1. 我が国は国際社会とともに、今次のクーデターを非難し、セラヤ大統領の復帰を含む憲法秩序の早期回復を求めます。
  2. 今後、国連や米州機構等の国際社会の取組が奏功し、平和裡に問題が解決されることを期待します。

(参考)

このページのトップへ戻る
外務報道官談話 | 平成21年談話 | 目次へ戻る