談話・コメント

外務報道官談話

ホンジュラスにおける軍によるセラヤ大統領の拘束及び国外移送について

平成21年6月29日

  1. 我が国は、6月28日(日曜日)、ホンジュラスにおいて、軍がセラヤ大統領を拘束し、国外移送したことに始まる一連の事態を憂慮しており、今後の動向を高い関心をもって注視しています。
  2. 我が国は、憲法を始めとする法に基づく秩序が早急に回復し、民主的対話を通じ、平和裡に問題が解決されることを期待しています。

(参考)

このページのトップへ戻る
外務報道官談話 | 平成21年談話 | 目次へ戻る