談話・コメント

高村外務大臣談話

コソボ共和国の承認について

平成20年3月18日
  1. 我が国は、3月18日付けでコソボ共和国を国家として承認した。コソボ共和国は、国連特使案に沿った国家運営を行う意思を明確にしており、我が国として同国の独立が長期的にこの地域の安定に貢献することを期待している。
  2. なお、我が国は、セルビアとは伝統的に友好関係にあり、今般のコソボ共和国の国家承認をもってセルビアとの友好関係が阻害されることは本意ではなく、引き続きセルビアとの友好関係が維持されることを希望する。

(参考1)コソボの独立までの経緯

 1999年の紛争終結以来、コソボは国連による暫定統治に置かれた。その最終的地位の確定をめぐっては精力的な交渉と調停努力が行われてきたが、残念ながら関係当事者間の合意は得られなかった。こうした状況を受け、2月17日、コソボは独立を宣言し、我が国を含む国際社会に早期の承認を求めていた。

(参考2)国連特使(アハティサーリ)案

 アハティサーリ国連特使が2007年3月に国連に勧告した国際社会の監督下のコソボの独立案。同案では、EU主導の国際文民プレゼンスとNATO主導の国際軍事プレゼンスがコソボに展開し、少数民族の保護を含む民主的な多民族国家の構築のため、コソボの国家運営を監督することとされている。

このページのトップへ戻る
高村外務大臣談話 | 平成20年談話 | 目次へ戻る