談話・コメント

外務報道官談話

チベット情勢について

平成20年3月15日
  1. 我が国は、中国チベット自治区ラサ市において、市民と当局の衝突により死傷者が出ている現在の情勢につき、懸念し、注視している。
  2. 我が国は、関係者の冷静な対応を求め、今回の事態が早期にかつ平和裡に沈静化することを強く期待する。
このページのトップへ戻る
外務報道官談話 | 平成20年談話 | 目次へ戻る