談話・コメント

麻生外務大臣談話

ハッサーニ・ムサンナー県知事に対するテロ事件について

平成19年8月20日
  1. 我が国は、8月20日(月曜日)、イラク・ムサンナー県においてハッサーニ・ムサンナー県知事がテロにより殺害されたことに強い衝撃と憤りを覚える。このような行為は決して許されるものではなく、我が国はこれを強く非難する。
  2. ハッサーニ知事は、ムサンナー県の復興を進める上で多大な努力を払われると共に、我が国がムサンナー県において陸上自衛隊及びODAによる支援を進めるにあたり多大な尽力をなされ、二国間関係の発展にも大きな貢献をされた。
  3. 我が国は、ハッサーニ知事のご冥福をお祈りするとともに、ムサンナー県と県民がこの悲しみを乗り越え、復興に向けた努力を引き続き払うよう期待する。
このページのトップへ戻る
麻生外務大臣談話 | 平成19年談話 | 目次へ戻る