談話・コメント

外務報道官談話

台湾「国家統一委員会の運用停止及び国家統一綱領の適用停止」について

平成18年2月28日
  1. 台湾との関係についてのわが国の立場は日中共同声明にあるとおりであり、何ら変更はない。
  2. 台湾を巡る問題については、軍事的・政治的対立を望まず、当事者間の直接の対話により平和的に解決されることを強く希望する。この観点から、いずれかの側によるいかなる一方的な現状変更の試みも支持できない。この点にかんがみ、台湾側が「現状を変更する意思はない」と表明したことに留意している。
  3. わが国として、この地域の平和と安定の観点から、両岸間の緊張がさらに高まることのないよう、当事者双方とも現状の変更を試みることなく、対話を早期に再開することこそが必要であると信じる。
このページのトップへ戻る
外務報道官談話 | 平成18年談話 | 目次へ戻る