外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 報道・広報 談話・コメント
談話・コメント
外務報道官談話

クメール・ルージュ(KR)裁判にかかる国連第3委員会決議の採択について


平成14年11月21日


  1. 11月20日(ニューヨーク時間)、国連第3委員会において、カンボジアのクメール・ルージュ(KR)裁判実施に向け国連事務局がカンボジア政府との交渉を再開するよう要請する決議が採択されたことをわが国として大いに歓迎する。
     この決議は、アナン国連事務総長が本年8月に、2月に中断された国連事務局とカンボジア政府との交渉再開のためには明確なマンデートを必要とする旨表明したことを受け、わが国を含む関心国が準備し、わが国が主提案国(仏が共同提案国)として提出したものである。

  2. わが国としては、KRの元指導者が行った犯罪行為が、国際社会の支援の下、カンボジア政府・国民の意思が最大限に尊重された形で、適正に処罰されることが望ましいと考えており、国連事務局が、採択された本決議を誠実に実施し、早期にカンボジア政府との交渉を再開することを期待し ている。



外務報道官談話 / 平成14年 / 目次


外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省