外務省セミナー「学生と語る」

あなたも外務省を訪れてみませんか?

令和2年1月8日

 外務省では,日本の将来を担う学生の皆さんに外務省や外交官の仕事を知ってもらい,日本の外交政策や国際情勢等に対する関心や理解を深めていただくために,外務省の本省で外務省セミナー「学生と語る」を実施しています。
 激動する国際情勢とそれに立ち向かう日本外交の「今」を感じてみませんか。
日頃思っていることや疑問など,直接外務省員や全国各地からの参加学生と語り合うことのできる,またとない機会です。参加型の多彩なプログラムを用意してお待ちしています。どうぞ奮って御応募ください。

開催要領

1 日程

 令和2年2月6日(木曜日)11時~18時(受付開始:10時15分)

2 開催場所

 外務省(東京都千代田区霞が関二丁目2番1号)

3 当日スケジュール(予定)

10時15分 受付開始
11時00分 開会挨拶(尾身朝子外務大臣政務官)
11時15分~11時55分 基調講演(1)(SDGsの推進 持続可能な未来のために)
11時55分~13時15分 学生ラウンジ等での昼食(注:自己負担)・交流
13時15分~13時55分 基調講演(2)(東京2020オリンピック・パラリンピック)
13時55分~14時35分 外務省員による体験談
14時45分~16時50分 分科会(テーマは下記4参照)
17時05分~18時00分 各分科会からの報告会兼交流会
(尾身朝子外務大臣政務官出席)
18時00分~18時15分 アンケート記入(注)(参加者全員必須)

(注)アンケートは本セミナーの継続・充実等のためにも重要なものですので,御理解願います。

4 分科会テーマ

 次のA~Dの4つのテーマの中から,参加したい分科会の優先順位を選んでいただきます(会場等の都合により御希望に沿えない場合もあります。)。各分科会では,外務省員によるプレゼンテーション,質疑応答,講師役の外務省員も交えた参加者同士のディスカッション及び報告用のまとめ作成などを予定しています。

A B C D
日本の国連外交
国連創設75周年を迎えて
経済連携協定 気候変動外交 外交政策における
国際法の実践的活用

募集要項

1 応募資格

 大学生及び大学院生

2 応募締切

 令和2年1月31日(金曜日)必着

3 応募方法・応募アドレス

 所定の申込書に必要事項を記入の上,応募アドレス(gakusei-to-kataru@mofa.go.jp)までメールに添付して応募してください。申込書の記入事項をもれなくメールの本文に記載しての応募でも結構です。郵便や電話等での応募は受け付けておりませんので,御了承ください。

4 申込書・記入事項

  • (1)氏名(ふりがな),住所,電話番号,E-mail,大学(院)名,学部(研究科)名,学年,本セミナーへの過去の参加経験の有無
  • (2)参加したい分科会の優先順位(第4希望まで記入。会場等の都合により,御希望に沿えない場合もありますので,あらかじめ御了承ください。)なお,各分科会での議論を簡単にまとめて発表する学生リーダーやサポート役のサブリーダーも併せて募集しますので,是非積極的に応募してください。
  • (3)分科会で討論,質問したい事項(箇条書きで簡潔に)
  • (4)【任意】本セミナーを知るに至った具体的経緯(外務省ウェブサイト,外務省ソーシャルメディア(Twitter,Facebook),教員等からの紹介(教員等名),大学掲示板,公務員予備校等
  • (5)【任意】外務省への入省希望の有無
    あり(総合職,専門職,一般職)・なし・未定
    国際機関への就職希望の有無
    あり・なし・未定
  • (6)【任意】外務省が開催するその他の行事の御案内送付の可否
  • (注1)記載いただいた個人情報は適切に管理し,御本人の同意なくこの事業以外に使用することはありません。
    ただし,各分科会の学生リーダーやサブリーダーに決まった方へは,本セミナー開催日前に各分科会内のリーダー・サブリーダー同士で打合せを行うこともできるように,お互いの連絡先をお伝えします。また,本セミナー実施中に広報用の各種撮影を行うとともに,紹介のために個人名や学校名等を掲載させていただくこともあります。あらかじめ御了承ください。
  • (注2)定員超過等により,今回のセミナーに御参加いただけない方には,その旨お知らせいたします。

5 選考方法

 申込み多数の場合には,抽選により参加者を決定いたします。

6 お問合せ先(外務省国内広報室)

 電話:03(3580)3311(内線3849)
 メール:gakusei-to-kataru@mofa.go.jp

外務省セミナー「学生と語る」へ戻る