グローカル外交ネット

阿部外務副大臣の北海道訪問(駐日外交団の北海道復興応援ツアー)

平成30年11月22日

 11月19日から20日まで,阿部俊子外務副大臣は,「駐日外交団の北海道復興応援ツアー」を引率し,関連の行事に出席したところ,その概要は以下のとおりです。

 同ツアーは,本年9月6日に発生した北海道胆振東部地震を受け,外務省と北海道庁との共催で実施されたもので,北海道の復興状況及び観光面での安全性について,駐日外交団が理解を深め,積極的な情報発信を行うことをねらったものです。駐日外交団より,6か国6名の公使,参事官等が参加しました。

  • (写真1)オリンピックミュージアムでの説明
    オリンピックミュージアムでの説明
  • (写真2)田中酒造での記念撮影
    田中酒造での記念撮影
  • (写真3)アイヌの生活様式について理解を深める
    アイヌの生活様式について理解を深める
  • (写真4)西山製麺での視察
    西山製麺での視察
  1. 19日午後,大倉山展望台を訪問し,札幌オリンピックミュージアムを視察しました。ミュージアムでは,1972年の札幌オリンピックによって,札幌の街が整備された経緯やオリンピックの歴史について理解を深めるとともに,最新式のシミュレータでスキージャンプの疑似体験をしました。
  2. 続いて訪問した小樽市の田中酒造「亀甲蔵」は,小樽市唯一の日本酒醸造所で,北海道の米のみを使用している酒造ですが,ここでは北海道の大地が生み出す日本酒の醸造過程を視察しました。
  3. 20日午前には,札幌市アイヌ文化交流センターを視察し,展示品を実際に手に取りながら,促進員の詳細な説明に聞き入り,アイヌの生活様式や文化・風習について理解を深めました。
  4. 最後に訪問した西山製麺では,味噌ラーメン発祥の地である札幌のラーメン文化を支える麺作りの現場を視察するとともに,同社における地震被害の状況や海外展開等について説明を受けました。
このページのトップへ戻る
グローカル外交ネットへ戻る