医療職

外務省共済組合診療所看護師の募集

平成30年7月6日

 外務省では職員の疾病治療及び健康管理等のため外務本省内に診療所(内科,歯科,メンタルヘルス)を設置し,外務省共済組合が運営に当たっています。
 このたび,内科診療所において勤務する国家公務員として看護師の一般公募を行うことといたしました。採用後は,同診療所と在外公館(赴任時期等は未定)での看護師業務に従事して頂きます。募集にあたっての詳細は以下のとおりですので,ご関心のある方のご応募をお待ちしています。

1 応募資格

 以下にすべて当てはまる方。

  • (1)正看護師及び保健師の国家試験に合格し免許をお持ちで5年以上の臨床経験のある方
  • (2)日本国籍を有し,かつ外国籍を有しない方。
  • (3)パソコン操作(ワード,エクセル,パワーポイント等)ができる方
  • (4)英語検定2級またはTOEIC500点以上を取得されている方が望ましい

2 募集人員

 1名

3 採用時期

 平成31年4月1日

4 待遇

 国家公務員(技官:医療職(三))として採用されます。
 給与は臨床経験を考慮の上,一般職の職員の給与に関する法律により決定されます。

5 勤務内容

 外務省共済組合内科診療所と在外公館における看護師業務

6 勤務場所・時間

 外務省共済組合内科診療所
 平日9時30分から18時15分。(昼休み12時30分から13時30分)
 (土,日,祝日は休み。)

7 応募方法

 履歴書(写真付),戸籍謄本(発行日から3か月以内のもの),看護師免許(写)及び保健師免許(写)を以下宛に提出して下さい
 なお,提出いただいた書類等はお返ししませんので,予めご了承願います。ご提供いただいた個人情報については,本件採用に関わる業務でのみ使用させていただきます。

(注)(ご両親を筆頭とした)戸籍謄本は受験者の外国国籍の有無を確認するために提出を求めるものですが,仮に最終合格者として採用が内定した方について,当該戸籍謄本のみでは,外国国籍の有無が確認できない場合には,更に戸籍・国籍関係の追加書類の提出をお願いする場合があります。

【書類提出先】
〒100-8919
 東京都千代田区霞が関2-2-1
 外務省大臣官房会計課福利厚生室 総務班

8 応募受付期間

 平成30年11月30日(金曜日)締切(必着)

9 選考方法

  • (1)第一次選考は提出いただいた書類により審査いたします。
     書類審査の結果は,平成30年12月20日頃までに応募者全員に合否を通知します。
  • (2)第二次選考は,面接による人物試験を行います。
  • ア 第二次選考の日時(1月22日(火曜日)または25日(金曜日)を予定),集合場所等詳細は第一次選考に合格した応募者に通知します。
  • イ 第二次選考の結果(採用(内定)の合否)は,平成31年1月31日頃までに書簡により第二次選考受験者全員宛に通知します。

10 備考

  • (1)次のいずれかに該当する方は,今回の募集に応募できません。
  • ア 成年被後見人,被保佐人。
  • イ 禁錮以上の刑に処せられ,その執行が終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの者。
  • ウ 一般職の国家公務員として懲戒処分の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者。
  • エ 日本国憲法施行の日以後において,日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し,またはこれに加入した者。
  • (2)最終的に採用内定者に選考された場合,現在就業されている方は,採用時までに当該所属先から退職していただく必要があります(休職は不可)
  • (3)採用内定者には健康診断を受診(自己負担により任意の医療機関で実施)していただきます(受診結果により内定が取り消される場合があります)。

  • 【問合せ先】
    外務省大臣官房会計課福利厚生室 総務班
    TEL 03-3580-3311(代表)(内線3809)
このページのトップへ戻る
医療職へ戻る