KIDS外務省~地球に生きる君たちへ~ KIDS外務省

世界の学校を見てみよう!

ザンビア共和国
Republic of Zambia

ザンビアの学校では今

(写真)1
校舎

ザンビアの教育制度

 ザンビアの義務教育は,7歳から始まる初等教育(小学校)7年,中等教育(中学校)5年の計12年です。ザンビアの公用語は英語であり,他に73の民族語が話されていますが,学校教育では小学4年生時に母国語から英語での授業に切り替わります。

レイクロードPTA学校

 今回紹介するレイクロードPTA学校は,ザンビアの首都,ルサカにある共学の公立小学校です。児童数は約600名,1クラス約25人で,各学年3クラスあります。

(写真)2
授業風景

 児童は英語,算数,理科,社会,経済,体育,音楽,美術,パソコン等15科目を学習し,6年生からは外国語としてフランス語も勉強します。児童に人気のある授業は体育と音楽とのことです。また,放課後に週に1度行われるクラブ活動を選択することができ,サッカー,水泳,ダンス,チェス等のクラブが人気です。

 次の学年へ進級するためには,学期末の進級テストに合格する必要があり,児童たちにとっては悩みの種です。テストの成績が優秀だった児童や,たくさんの本を読み,感想文を多く書いた児童は,「優等生」の証として星のシールをおでこに貼ってもらいます。

(写真)3
学校の制服

 学校では決められた制服を着用し,派手な髪型は禁止,ヘアーバンドは指定された色のみ許されます(制服を毎日きれいに着用している児童にも,星のシールが与えられます)。

 寄宿舎等は無く,大半の児童は両親の車で登校します。授業は7時半から15時まで,30分授業を11コマ受けます。12時半から14時まではランチタイムで,お昼ご飯はお弁当を持参するか,校内の売店で購入します(売店ではチキンとポテトのセット(約200円)のみ販売)。放課後には,男の子は大好きなサッカー,女の子はダンスやチェスをして遊びます。

(写真)4
パソコンルーム

 学校には,20の教室に加え,図書室,パソコンルーム,実験室,多目的ホール,サッカーコート,ネットボールコート,バスケットボールコート,テニスコート及びプールがあります。

 児童の多くが楽しみにしているイベントは遠足です。遠足は,5年生になるとライオンやゾウ等の野生動物に出会える国内の国立公園,6年生と7年生はナミビアや南アフリカ共和国等の近隣の国へ行きます。また,学校対抗の運動会や水泳大会も非常に盛り上がります。

 長期休暇は,4月にイースター休み,8月に冬休み,12月中旬から1月中旬までクリスマス-ニューイヤー休みにあたり,それぞれ1ヶ月間休みがあります。

 日本についての印象を聞いてみると,大半の児童から「科学技術が発達している国」という答えが返ってきます。これには,ザンビアで使用されている車の多くが日本からの中古車で,街の至る所で「トヨタ」「ホンダ」の文字を目にすることも影響していると思われます。将来の夢を尋ねると,医者,先生,美容師等々,目を輝かせながら元気に答えてくれました。

 なお,今回取材に協力して頂いた先生は全学年の算数を担当しているピリ先生です。ピリ先生は,ザンビアの学校や子ども達について,日本の子どもたちにもっと知ってもらいたいと話してくれました。

  • (写真)5
    プールサイドで

(2014年2月)