KIDS外務省~地球に生きる君たちへ~ KIDS外務省

世界の学校を見てみよう!

ベトナム社会主義共和国
Socialist Republic of Viet Nam

ベトナムの学校では今

(写真)1
大きくてきれいな校舎

ベトナムの教育制度

 ベトナムの教育制度は,初等・中等教育が6歳から始まり,小学校5年間,中学校4年間,高等学校3年間の12年制で,小・中学校の9年間は義務教育です。

 ベトナム人は,昔から開発途上国の中では識字率は非常に高いと言われています。高校生のうち,数学や理科で優秀な成績を収めた児童が各省や中央政府に表彰されるといった制度もあります。日本に対する関心も年々高くなっており,日本語を学ぶベトナム人は4万人以上で,ハノイ,ホーチミンを含む5地域の中学校・高等学校では,日本語を学習しているクラスもあります。

(写真)4
授業の風景

ドアン・ティー・ディエム(Doan Thi Diem) 小学校

 今年15周年を迎えたドアン・ティー・ディエム小学校は,ハノイで最も大きい私立小学校の一つで,児童は3000人,クラスは100以上あります。私立なので,授業料は少し高いですが,児童数は過去3年で6倍以上に増えました。350人の先生は,ほとんど教育系の大学を卒業しており,大学院を卒業している先生も少なくありません。
 授業は月曜から金曜日の7時30から16時まであり,40台のスクールバスでハノイ市内のどこからでも通学できる環境を整えています。大変評判の良い学校なので,20km離れたところから通っている児童もいるそうです。

(写真)2
ITの授業

 学校では給食として,朝食と昼食を用意しています。制服もありますが,週に2回だけ着用し,他の日は私服です。運動用の体操服もあります。
 選択科目として,500台のパソコンを用意しているITの授業もあります。土曜日には,武術,音楽,美術,ダンスの授業も選択で行われています。
 日本,オーストラリア,イギリス,マレーシアなどの学校に訪問する研修プログラムもあります。研修費用は自己負担ですが,大変人気があり,最近は日本の福岡で,韓国の児童と合同の研修を行いました。

 この学校では心の教育を大事にし,毎年8月にチャリティバザーを開催しています。児童が使わなくなった高価な外国製のオモチャを低価格で販売したり,児童のご両親が来場者に料理を提供します。
 比較的裕福な子ども達が多いということもあり,慈善事業も盛んです。ベトナムでは中国・韓国と同様に1月~2月ころの旧正月をお祝いしますが,この学校ではその時期に,児童から寄付を集め,貧しい子供の多い学校や生まれつき障害のある子どもに寄付します。

  • (写真)3
    休憩時間のグラウンド
  • (写真)5
    正門

(2013年8月)