KIDS外務省~地球に生きる君たちへ~ KIDS外務省

世界の学校を見てみよう!

英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

英国の学校では今

(写真)1
イートン・スクエア・スクール外観

英国の義務教育制度

 英国の義務教育は,5~16歳の11年間(Y1~Y11)です。初等教育はプライマリースクールと呼ばれ,5~7歳対象の前期課程と7~11歳対象の後期課程に分かれることが多く,両者は1つの学校として併設されることが一般的です。
 中等教育はセカンダリースクールと呼ばれ,11~16歳までが対象です。セカンダリースクールでは,学年が終わるたびに試験を受けます。また,16歳で義務教育(Y11)を修了すると、GCSE(General Certificate of Secondary Education)という義務教育修了試験を受けます。GCSEは英語,数学,理科のほか,宗教,歴史,地理,フランス語,技術,美術など50科目程度が用意されています。義務教育終了後は,大学進学希望者はシックスフォームと呼ばれる高等教育進学準備教育課程に進みます。
 英国では,学校が課程の修了者に卒業証書を出すという伝統はなく,一般に生徒は各教育段階の最後にそのレベルに応じた外部資格試験を受験します。大学への進学は,GCSEの結果とシックスフォームでの成績によって合否が決定されます。


学校の種類

 学校の種類は,公立学校と独立学校(国営でないという意味。いわゆるパブリックスクールが該当)に分かれます。公立学校の授業料は原則無料です。初等教育では無試験でいずれかの公立学校に入学できますが,中等教育以降では,個別の選考試験や全国カリキュラムに応じた全国試験の結果等が重視されます。一方,パブリックスクールは英国一流大学への進学を前提とした学校で,長い歴史を有し,入学基準が厳格で,入学後は全寮制生活を送るなど,エリート育成教育が実施されています。

(写真)2
Y2(6~7歳)理科の授業の様子

学校生活(公立・私立共通)

 英国の小学校の授業時間は,通常,月曜日から金曜日まで,朝8時30分から午後3時過ぎまでです。学期は年間3学期制で,9月から12月中旬が第1学期,1月上旬から4月上旬が第2学期,4月中旬から6月下旬が第3学期となります。学期の途中にハーフタームという1週間程度の休暇があるほか,学期と学期の間にはクリスマス休暇,春休み,夏休みの長期休暇があります。

 制服を着用する学校が多く,私服の学校はまれです。パブリックスクールでは昔ながらの燕尾服等を採用している学校もあります。

 英国の小学校では,教科書を使わず,配付されるプリントをノートに貼り付けて学習することが多いようです。宿題はインターネットを使って調査するものなど,児童の自主的な学習が求められます。学校には文房具が準備されているので,児童はノート,体操着,上履きを用意します。給食は選択制で,事前に代金を払って食べたい日の給食を申し込んでもよいし,弁当を持参してもよいことになっています。
 家庭の所得水準によっては,給食代金の補助やインターネット等必要物品の購入・支払費用の補助など各種支援策が受けられます。課外授業も盛んで,サッカー,バドミントンなどの運動科目や音楽など文化科目の他,有料のクラブ活動(スノーボード等)にも参加できます。

 国際都市ロンドン周辺の学校では,様々な人種の子供たちが集まっていることから,英国以外の国々についてテーマを絞って勉強したり,キリスト教以外の宗教について学んだり,国際理解促進のための授業も実施されています。

課題

 英国には優れた高等教育機関が多く存在し,世界各国から優秀な学生が留学してくる一方で,OECDが実施する国際学力調査では,英国内の学生の学力が伸び悩んでいるとの指摘もあり,英国教育界の課題となっています。

(写真)3
Y6(10~11歳)の世界の宗教に関する授業の様子

イートン・スクエア・スクール

 今回取材に訪れたのは,ロンドン市内にあるイートン・スクエア・スクール。私立の男女共学の学校で,4から13歳の362名の児童が学んでいます。少人数制教育を取り入れており,クラスの構成は,低学年では最大15名程度,高学年では10名程度です。授業は先生と児童が活発に質問と回答を繰り返しながら学習を進める方式です。各教室ではスマートボードと呼ばれるパソコンと連動した黒板を使い,動画やイラストなどを交えながら,児童参加型で授業が進められています。授業時間は40分単位で,歴史や数学など時間のかかる科目は,2時間連続して同一科目を勉強しています。
 ロンドン中心部にある学校は敷地に制限があり,今回訪れた学校は,大きな建物の一部を校舎として利用しています。校庭がないので,体育の時間は校外の運動場へ移動して授業をするそうです。

日本大使館における「クラブ大使館」

 在英国日本国大使館では,英国の小中学生に大使館を訪問してもらい,日本文化を体験してもらう「クラブ大使館」事業を行っています。多くのイギリス人の子供たちが,習字やよさこいソーラン節の体験を楽しんでいます。

  • (写真)4
    日本文化体験授業の様子(習字)
  • (写真)5
    日本文化体験授業の様子(よさこいソーラン節)

(2014年3月)

  • 各国・地域情勢