外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 主な要人の来日日程
主な要人の来日日程

要人来日日程(平成11年)






マルトニ・ハンガリー外務大臣の来日について


平成11年10月26日

1.マルトニ・ハンガリー共和国外務大臣は、随員とともに、10月28日(木)から30日(土)まで来日する。ハンガリー外相の訪日は2年ぶりである。

2.同外務大臣は、滞在中、河野外務大臣と会談し、日・ハンガリー二国間関係および国際情勢について意見交換を行う。また、わが国政界、経済界等関係者とも会談する予定である。

3.ハンガリーは、政治・経済ともに極めて安定しており、EU新規加盟の最有力候補の一つとして交渉を行っている。また、本年3月にはNATO加盟を果たしている。
 今回の訪日は、マルトニ外相就任後初の訪日であり、わが国としても、欧州においてますます重要な位置を占めるハンガリーと様々な分野での関係拡大を期待するものである。



チュアン・タイ首相の来日について


平成11年10月20日

1.チュアン・リークパイ・タイ王国首相は、10月25日(月)から27日(水)まで外務省賓客として来日する。

2.同首相は、滞在中、天皇陛下に謁見する。また、小渕総理大臣と公式会談する予定である。

3.同首相の今次訪日により、わが国とタイ王国との友好協力関係が更に促進することが期待される。



ムリーリョ・ボリビア共和国外務大臣の来日について


平成11年10月15日

1.ハビエル・ムリーリョ・ボリビア共和国外務大臣および令夫人は、随員とともに10月17日(日)から22日(金)まで、外務省賓客として来日する。

2.本年は日本人のボリビア移住100周年にあたり、去る6月には清子内親王殿下がボリビアを公式に御訪問された。このたびのムリーリョ外務大臣の訪日もこの100周年を祝しての公式訪問である。

3.同外務大臣は、滞在中、河野外務大臣と会談するほか、清子内親王殿下との御接見、衆参両院議長への表敬、経済界関係者との懇談が予定されている。なお、外務大臣会談に先立ち、本年度の対ボリビア文化無償資金協力に係る交換公文の署名が両大臣の間で行われる予定である。

4.同大臣の訪日は今回が初めてである。なお、ボリビアからの外務大臣の来日は、96年のアラニバル外務大臣(サンチェス・デ・ロサーダ大統領に随行)以来3年振りである。



ハッサン・ローハニ・イラン国会副議長の来日について


平成11年10月13日

1.ハッサン・ローハニ・イラン国会副議長は、セイエド・モハンマド・レザー・ジャアッファリ議員および2名の随員とともに、10月16日(土)から21日(木)まで来日する。

2.同副議長は、滞在中、小渕総理大臣および伊藤衆議院議長を表敬訪問するとともに、河野外務大臣等と会談し、日・イラン二国間関係や地域・国際情勢につき意見交換を行う予定である。

3.同副議長は、イスラム法学者で国際情勢にも明るく、また国会副議長の他に国会外交委員長、公益評議会メンバー、国家安全保障最高評議会事務局長等の要職を兼ねており、イラン国内において極めて影響力のある人物である。なお、本年8月の高村外務大臣(当時)によるイラン訪問の際にも同副議長との会談が行われた。

4.ローハニ副議長は、昨年10月にイランを訪問した中馬弘毅衆議院議員(前衆議院外務委員長)の招待に応じて来日するものである。



チャベス・ベネズエラ大統領の来日について


平成11年10月7日

1.チャベス・ベネズエラ共和国大統領は、10月13日(水)から15日(金)まで来日する。

2.同大統領は、滞在中、天皇陛下と御会見する。また、小渕総理と首脳会談および昼食会を行うとともに、わが国経済界要人と幅広く意見交換を行う予定である。

3.わが国とベネズエラ共和国は、伝統的に友好的な関係にある。特に、同国には資源エネルギーの開発、輸入などの目的で本邦企業が多く進出するなど、両国は経済・貿易面を中心に強い協力関係を有している。

4.ベネズエラ大統領の訪日は、1988年のルシンチ大統領以来11年振りである。



マイク・ムーア世界貿易機関(WTO)事務局長の来日について


平成11年10月8日

1.マイク・ムーア世界貿易機関(WTO)事務局長は、10月17日(日)から 20日(水)まで外務省賓客として来日する。

2.同事務局長は、滞在中、河野外務大臣ほか関係者と会談する。

3.WTOでは、現在2000年からの次期交渉に向けた準備作業が行われており、 11月末にはシアトルにおいて、同交渉を立ち上げるための第3回閣僚会議が予定 されている。同事務局長は、この閣僚会議に向けて、わが国政府関係者等と次期交 渉に関する意見交換を行うために訪日するものである。

4.同事務局長は、WTOの2代目事務局長として9月1日に就任し、2002年 8月31日までの3年間の任期を務めることになっている。



ドイツ連邦共和国首相ゲアハルト・シュレーダー閣下の訪日について


平成11年10月5日

 ドイツ連邦共和国首相ゲアハルト・シュレーダー閣下は、随員と共に10月31日(日)から11月2日(火)まで公賓としてわが国を訪問される。
 滞在中、天皇陛下は、同首相閣下を御引見になるほか、宮中午餐を催される。
 同首相閣下は、小渕総理大臣と会談される予定である。
 また、同首相閣下は、小渕総理大臣主催晩餐に出席される。
 同首相閣下の今次訪日は、日本国とドイツ連邦共和国との親善関係を一段と深めるものとして、政府は心からこれを歓迎するものである。

・ ドイツ情勢及び最近の日独関係
・ ゲアハルト・シュレーダー独首相略歴



ソムサワート・ラオス副首相兼外相の来日について


平成11年9月28日

1. ソムサワート・レンサワット・ラオス人民民主共和国副首相兼外相は、10月3日(日)から7日(木)まで外務省賓客として来日する。

2. 同副首相兼外相は、滞在中、外務大臣と会談し、二国間関係、地域情勢、地域協力について意見交換を行う。また、秋篠宮同妃両殿下への拝謁、政界関係者との意見交換等も予定されている。

3. 同副首相兼外相の今次訪日により、わが国とラオス人民民主共和国との友好協力関係が更に促進されることが期待される。




カレンダー(10月) / 目次


外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省