主な要人の来日日程

要人来日日程(平成18年12月)


アブドッラー・ヨルダン国王同王妃両陛下の来日について

平成18年12月14日
  1. アブドッラー・ビン・アル・フセイン・ヨルダン国王同王妃両陛下は、12月20日(水曜日)から22日(金曜日)まで来日する。
  2. アブドッラー国王陛下は、滞在中、天皇皇后両陛下との御夕餐のほか、安倍晋三内閣総理大臣と首脳会談を行い、日本・ヨルダン二国間関係、中東和平およびイラク情勢を始めとする地域の諸問題等について幅広い意見交換を行う予定である。
  3. 同国王陛下の今回の来日は、国王としては昨年12月以来5回目であり(国王就任前を含めれば8回目)、今回の来日を通じて、我が国とヨルダン両国の友好関係が一層増進することが期待される。
ヨルダン・ハシェミット王国国旗

トンルン・ラオス副首相兼外相の来日について

平成18年12月13日
  1. トンルン・ラオス副首相兼外相は、12月14日(木曜日)から12月17日(日曜日)までの間、外務省賓客として来日する。
  2. トンルン副首相兼外相は、滞在中、麻生太郎外務大臣を含む我が国要人との間で会談を行い、二国間関係、地域・国際情勢等について意見交換を行うほか、沖縄県を訪問し、仲井真知事や経済関係者との意見交換を行う予定である。
  3. 今回のトンルン副首相兼外相の来日により、日・ラオス両国間の協力関係が一層緊密なものとなることが期待される。
ラオス人民民主共和国国旗

フィリップ・キルシュ国際刑事裁判所(ICC)所長の来日について

平成18年12月1日
  1. フィリップ・キルシュ国際刑事裁判所(ICC)所長は、12月3日(日曜日)から9日(土曜日)まで外務省の招待により来日する。
  2. キルシュ所長は滞在中、岩屋副大臣らとの会談、外務省・法務省・最高裁等の関係者との意見交換、東京で開催される「第28回地球規模問題に取り組む国際議員連盟(PGA)世界総会」での特別講演や上智大学での一般向け講演等が予定されている。
  3. 本件来日を通じて、我が国の外交において国際社会における法の支配を重視し右を強化するために大きな努力を払っていることを国際社会に印象づけるとともに、また、国際社会全体が関心を有する最も重大な犯罪を犯した個人を国際法に基づき訴追し、処罰するための常設の国際刑事法廷である国際刑事裁判所(ICC)の意義及び我が国政府の加盟に向けての努力について我が国の国民各層の理解を深めることが期待される。

アイスランド共和国スベリスドッティル外相の来日について

平成18年11月30日
  1. アイスランド共和国バルゲルズル・スベリスドッティル外相は、日・アイスランド外交関係開設50周年の機会に、12月5日(水曜日)から9日(土曜日)まで我が国を訪問される。
  2. 同外相は滞在中、麻生太郎外務大臣との間で外相会談を行う他、日・アイスランド外交関係開設50周年記念レセプションに出席する予定である。
  3. 今回の同外相の訪日により、我が国とアイスランドとの友好関係が一層強化されることが期待される。
アイスランド共和国国旗

ンコサザナ・ドラミニ=ズマ南アフリカ共和国外務大臣の来日について

平成18年11月29日
  1. ンコサザナ・ドラミニ=ズマ南アフリカ共和国外務大臣は、12月3日(日曜日)から6日(水曜日)まで外務省賓客として訪日する。
  2. ドラミニ=ズマ外務大臣は、訪日中、麻生外務大臣をはじめとする我が国要人と会談を行い、日・南ア二国間関係、アフリカの開発や国連安保理改革などの国際的課題について幅広く協議する予定である。
  3. 我が国は南アフリカと緊密な関係を有しており、今回のドラミニ=ズマ外務大臣の来日を通じ、二国間関係が一層深まることが期待される。
南アフリカ共和国国旗

ケマル・デルビシュ国連開発計画(UNDP)総裁の来日について

平成18年11月24日
  1. ケマル・デルビシュ国連開発計画(UNDP)総裁は、12月5日(火曜日)から7日(木曜日)まで来日する。
  2. デルビシュ総裁は、滞在中、麻生太郎外務大臣をはじめとする我が国政府関係者と意見交換を行う他、人間の安全保障国際シンポジウムへの出席などが予定されている。
  3. 我が国はUNDPと協力して、平和の構築やジェンダー平等支援、ミレニアム開発目標の達成等、「人間の安全保障」の視点を重視した多岐にわたる援助を実施してきており、今回のデルビシュ総裁の来日により、日・UNDP間の協力関係がより一層強化されることが期待される。
  4. なお、デルビシュ総裁の来日は、昨年12月以来であり、今回で2回目となる。

アントニオ・グテーレス国連難民高等弁務官の来日について

平成18年11月24日
  1. アントニオ・グテーレス国連難民高等弁務官(UNHCR)は、12月4日(月曜日)から6日(水曜日)まで、外務省賓客として来日する。
  2. グテーレス高等弁務官は、滞在中、麻生太郎外務大臣をはじめとする我が国政府関係者と意見交換を行う他、人間の安全保障に関するシンポジウムへの出席などが予定されている。
  3. 我が国はUNHCRと協力して、世界各地における難民、国内避難民等に対する人道支援を実施してきており、今回のグテーレス高等弁務官の来日により、日・UNHCR間の協力関係がより一層強化されることが期待される。
  4. なお、グテーレス高等弁務官の来日は、昨年10月以来であり、国連難民高等弁務官としての来日は今回で2回目となる。

インド首相マンモハン・シン閣下及び同令夫人の来日

平成18年12月12日

 インド首相マンモハン・シン閣下及び同令夫人は、12月13日(水曜日)から12月16日(土曜日)まで公賓として日本に滞在されます。

 滞在中、天皇皇后両陛下は、同首相閣下及び令夫人を御引見になります。

 同首相閣下は、安倍晋三内閣総理大臣と会談される予定です。

インド国旗

このページのトップへ戻る
カレンダー(12月) | 目次へ戻る