外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 主な要人の来日日程
主な要人の来日日程

日本国旗 カナダ国旗

小泉日本国総理大臣及びマーティン・カナダ首相による共同声明


平成17年1月19日(於:東京)

(英語版はこちら)


1.小泉総理大臣とマーティン首相は、本日、東京において会談を行い、世界が直面する幅広い問題について議論した。両首脳は、また、最近アジア及びアフリカ諸国において生じた津波の被害について議論し、同地域に対する支援を行うにあたり国際社会と緊密に連携することにコミットしていることを再確認した。

2.両首脳は、民主主義、自由及び市場経済の促進といった共通の基本的価値観の上に築かれ、長年にわたり日本とカナダの国民の間に醸成されてきた信頼関係と友情からなる二国間のパートナーシップは引き続き強固であるものの、未だ実現されていない可能性を秘めていることを認識した。

3.両首脳は、世界の直面する諸課題について、双方がより効果的に対処していけるよう、パートナーシップを更に拡大及び深化させていくとの決意を確認した。両首脳は、「21世紀へのグローバル・パートナーシップ」が引き続きこの努力に指針を与える一方、人的及び知的資源を含む多様な資源の創意ある活用がこれから益々重要になっていくとの見解で一致した。

4.両首脳は、日本国政府及びカナダ政府の間で外交政策の調整を強化していくことがアジア太平洋地域及び世界の平和及び繁栄に寄与していくとの見解で一致した。両首脳は、より安全な世界に向けた国際的な取り組みを支持するため引き続き協力していくとの決意を再確認し、また、2005年「平和及び安全保障に関する協力のための日加計画」に示されているとおり、米国同時多発テロ事件以降の世界において生じている新しい課題に対応していく上での新たな協力分野を確認した。また、両首脳は、国連改革、特に安保理改革の早期実現の必要性を認識した。両首脳は、また、テロ、開発及び世界の公衆衛生等のグローバルな関心事項を議論するためのG20首脳会合に関するカナダのイニシアティブについて話し合った。

5.二国間経済関係がその潜在力を最大限に引き出すことができるようにするために、二国間貿易及び投資の残された課題が特定され、実際的かつ費用効率の高い方法で克服される必要がある。この点について、両首脳は、6ヶ月以内に形成される創造的な「日・カナダ経済枠組み」を通じて、戦略的な経済上の優先事項及び新しい機会に対処する意思を確認した。この枠組みの下で、二国間経済関係の更なる促進についての共同研究が開始される。両首脳はまた、科学に基づいたBSE問題の解決に向けた決意を示し、食品安全の重要性に十分に配慮した上で牛肉貿易の早期再開に向け引き続き取り組んでいくとの意志を示した。グローバルな貿易及び投資に関し、両首脳は、WTOドーハ開発アジェンダの早期かつ成功裡の終結が必要であることを再確認した。

6.両首脳は、日加フォーラムの再開を歓迎するとともに、将来の二国間パートナーシップのあり方に関する同フォーラムの報告書に期待を示した。


BACK / 目次


外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省