外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 主な要人の来日日程
主な要人の来日日程


シーレス・ボリビア外務・宗務大臣の訪日
(概要と評価)

平成17年3月20日

 3月15~20日、シーレス・ボリビア外務・宗務大臣が外務省賓客として我が国を訪問したところ、今次訪問の概要と評価は以下の通り。

1.概要

(1)シーレス外相は、東京滞在中、町村外務大臣との会談、清子内親王殿下御接見、谷川外務副大臣、自見日・ボリビア友好議連会長、塚本JETRO副理事長、畠中JICA副理事長、日本ボリビア協会との懇談等を行った。

(2)17日の外相会談においては、シーレス外相より、最近の国内政治状況につき説明があるとともに、ボリビアは政治的に困難な状況にあっても国際的な約束は必ず守り、日本の安保理常任理事国入りを支持することに変更はない旨明言した。また、我が国によるこれまでの経済協力に感謝するとともに、今後は援助に依存することなく、貿易・投資拡大を通じた経済発展を目指していきたいとの表明がなされた。
 なお、外相会談終了後、これらの点を含む日・ボリビア共同新聞発表が発出された(和文別添)。

(3)また、18日より、シーレス外相一行はボリビアがアンデス共同体の一員として参加する愛・地球博会場の事前視察を行ったほか、京都・奈良を視察した。

2.評価

(1)ボリビアの安定と発展に対する支持
 ボリビア国内における天然ガス政策等を巡る道路封鎖・デモ行為の頻発、メサ大統領による辞表提出・総選挙前倒し提案など、最近政情が不透明なボリビアより外相を訪日招待し、我が国が同国の民主主義の維持、安定と発展を支持するとのメッセージをハイレベルで明確に伝達したことは、我が国によるボリビア及び周辺地域の安定への貢献姿勢をアピールする上で極めてタイムリー且つ効果的であった。

(2)日・ボリビア友好関係の一層の強化
 今次外相訪日を通じ、昨年外交樹立90周年・オキナワ移住50周年を迎えた日・ボリビア関係を回顧し、約14,000人の日系人の存在や経済協力等を基盤とした伝統的友好関係を再確認した。また、ボリビア側より、今後は援助に依存することなく、貿易・投資関係の拡大を通じて二国間関係を一層緊密化したいとの意図が表明され、我が国はかかるボリビア側の努力と姿勢を歓迎した。

(3)国際場裡における協力
 国連・安保理改革に関し、シーレス外相より、モデルAに対する支持と日本の常任理事国入りに対する確固たる支持が改めて表明された。なお、ボリビア側からは、国連改革については経社理や総会等他の改革も必要との言明があった。



BACK / 目次


外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省