外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 主な要人の来日日程
主な要人の来日日程

要人来日日程(平成16年3月)


ハント第58回国連総会議長の来日について


平成16年3月22日

  1. ジュリアン・ハント第58回国連総会議長(セント・ルシア外務大臣)は、3月29日(月)から4月1日(木)まで、外務省の招待により来日する。

  2. ハント総会議長は、滞在中、川口順子外務大臣、逢沢一郎外務副大臣ほか、政府の要人、国会議員等と会談を行い、国連改革をはじめとする国連が直面する諸課題について意見交換を行う予定である。

  3. 今回のハント総会議長の来日を通じ、わが国と国連との協力関係が、一層強化されることが期待される。


バルコ・コロンビア共和国外務大臣の来日について


平成16年3月22日

  1. カロリーナ・バルコ・イサクソン・コロンビア共和国外務大臣は、3月28日(日)から4月4日(日)まで、外務省賓客として来日する(公式日程は4月2日(金)まで)。

  2. バルコ外務大臣は、滞在中、川口順子外務大臣、河野洋平衆議院議長と会談するほか、関係国会議員、政府関係機関や経済界の関係者等と懇談する予定である。

  3. わが国は、コロンビアと伝統的に良好な関係を有しており、特に近年は、国際社会とともに、同国の直面するテロ、麻薬等の深刻な問題に対する同国政府の取り組みを支援してきており、今回の来日を通じて、このような友好協力関係を再確認することが期待される。

  4. また、バルコ外務大臣は、ボテロ野外彫刻展開会式に出席を予定しており、世界的に著名な芸術家を多く輩出している文化大国としての同国のイメージをわが国に紹介することを訪問目的のひとつとしている。

・ 概要と成果
・ 各国・地域情勢(コロンビア共和国)


キクウェテ・タンザニア外務・国際協力大臣の来日について


平成16年3月17日

  1. ジャカヤ・ムリショ・キクウェテ・タンザニア外務・国際協力大臣は、3月25日(木)から30日(火)まで外務省賓客として来日する。

  2. キクウェテ外務・国際協力大臣は、滞在中、川口順子外務大臣をはじめとするわが国政府関係者と会談し、日・タンザニア二国間関係、第三回アフリカ開発会議(TICAD III)のフォローアップなどについて幅広く意見交換を行う予定である。また、タンザニア名誉総領事館のある大阪府を訪問する予定である。

  3. 今回のキクウェテ外務・国際協力大臣の来日により、これまで良好な関係を維持してきている両国の友好協力関係が一層強化されることが期待される。

    (参考)
     キクウェテ外務・国際協力大臣は1995年に就任し、1998年2月に東アフリカ共同体(EAC)関係使節団の団長として来日しているが、タンザニア外務・国際協力大臣としての来日は今回が初めてである。

・ 概要と評価
・ 各国・地域情勢(タンザニア連合共和国)
・ 略 歴


アモリン・ブラジル連邦共和国外務大臣の来日について


平成16年3月19日

  1. セルソ・アモリン・ブラジル連邦共和国外務大臣は、3月24日(水)から26日(金)まで、外務省賓客として来日する。

  2. アモリン外務大臣は、滞在中、川口順子外務大臣と会談を行い、二国間関係のほか幅広く国際的諸問題について協議する予定である。また、わが国経済関係者との懇談等を行う予定である。

  3. 日本とブラジルは、経済・経済協力関係、要人往来等を通じ伝統的に極めて良好な友好関係を有している。また、2008年には日本人のブラジル移住100周年を迎える予定であり、この佳節に向けた一層の交流拡大が期待されている。

  4. ブラジルの外務大臣の外務省賓客としての来日は、2002年のセルソ・ラフェル外務大臣以来約2年ぶりであり、この機会が、二国間関係および国際社会における両国の協力関係などの一層の強化に繋がることが期待される。

    (参考) 来日日程
    3月24日(水)午後 成田空港着
    3月25日(木) JICA等政府関係機関
    日本経団連(日伯経済委員会)
    日・ブラジル外相会談
    3月26日(金) 成田空港発

・ 概要と成果
・ 共同新聞発表
・ 各国・地域情勢(ブラジル連邦共和国)
・ 略 歴


ラチド・パラグアイ共和国外務大臣の来日について


平成16年3月12日

  1. レイラ・ラチド・パラグアイ共和国外務大臣は、3月17日(水)から20日(土)まで、外務省賓客として来日する。

  2. ラチド外務大臣は、滞在中、川口順子外務大臣と会談を行い、二国間関係のほか、幅広く国際諸問題について協議する予定である。なお、同外相会談の冒頭では、文化無償協力「国立音楽学校に対する楽器」供与の署名式および川口外務大臣に対する「パラグアイ共和国国家功労章(殊勲大十字章)」授与式が行われる予定である。
     また、ラチド外務大臣は、IDB(米州開発銀行)東京事務所において地域経済統合に関する講演を行うほか、わが国の政治・経済界関係者、学識者との懇談を行う予定である。

  3. 約7,000人の日系人の存在や経済協力などを背景に、わが国と伝統的に友好関係にあるパラグアイは、現在、政治の安定と国内経済立て直しのため、各種改革に取り組んでいる。今回のラチド外務大臣の来日を通じてこのような努力に対するわが国の支援を表明することにより、ニ国間関係の一層の強化を図る契機となることが期待される。

  4. なお、今回のラチド外務大臣の来日は、昨年8月に発足したニカノル・ドゥアルテ政権下における初の閣僚の来日である。

・ 概要と評価
・ 各国・地域情勢(パラグアイ共和国)

ムショカ・ケニア外務大臣の来日について


平成16年2月27日

  1. カロンゾ・ムショカ・ケニア共和国外務大臣は、3月7日(日)から11日(木)まで外務省賓客として来日する。

  2. ムショカ外務大臣は、滞在中、川口順子外務大臣をはじめとするわが国政府関係者と会談し、日・ケニア二国間関係、第三回アフリカ開発会議(TICAD III)のフォローアップなどについて幅広く意見交換を行う予定である。

  3. わが国とケニアとはこれまで伝統的に良好な関係を維持してきているが、今回のムショカ外務大臣の来日により、両国の友好協力関係がさらに強化されることが期待される。
     なお、ムショカ外務大臣の来日は、外務大臣就任後初めてとなる。

・ 概要と評価
・ 各国・地域情勢(ケニア共和国)


ドビルパン・フランス共和国外務大臣の来日について


平成16年2月17日

  1. ドミニク・ガルゾー・ドビルパン・フランス共和国外務大臣は、3月1日(月)から2日(火)まで来日する。

  2. ドビルパン外務大臣は、滞在中、東京および福岡を訪問する予定である。

  3. わが国とフランスとの間には、様々な分野における活発な交流を通じて、友好・協力関係が築かれており、今回のドビルパン外務大臣の来日により、その一層の強化が期待される。

    (参考)
     ドビルパン外務大臣は平成14年5月の就任後は今回が初めての来日。なお、フランス外相の来日は、2000年7月のG8(主要8カ国)九州・沖縄サミット外相会合への出席のために来日したユベール・ヴェドリーヌ外務大臣(当時)以来となる。

・ 概 要
・ 各国・地域情勢(フランス共和国)




カレンダー(3月) / 目次



外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省