外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 主な要人の来日日程
主な要人の来日日程
テブロロ・シト
キリバス共和国大統領略歴

(His Excellency Mr. Teburoro Tito
President of the Republic of Kiribati)

2001年2月現在

1.氏 名 テブロロ・シト
(His Excellency Mr. Teburoro Tito
 President of the Republic of Kiribati)
2.生年月日 1953年8月25日 タビテウエア北出身
3.学 歴
1966年   セント・パトリック小学校卒
1969年   セント・ジョセフ中学校卒
1970年   キングジョージ五世高校卒
1977年   南太平洋大学(有機化学・生態学専攻)卒
4.所属政党 Maneaban Te Mauri(MTM、与党)
(注)党名はキリバス語で「キリバス共同体党」の意。
5.経 歴
1977年   南太平洋大学学生調整官
1980年   キリバス教育省奨学金担当官
1983年   上級教育官(中等・高等教育担当)
1987年   国会議員初当選(野党党首)
1991年   国会議員再選
1994年   国会議員再選、第三代大統領(兼外相)に就任
1998年   任期終了による総選挙で国会議員再選、大統領再任
6.訪日歴
1997年10月   日・SPF首脳会議出席
2000年4月   太平洋・島サミット出席
7.使用言語 英語
8.趣 味 スポーツ(特にサッカーで、80年から84年までキリバス・サッカー協会会長)、空手
9.家 族 ケイナ夫人(46歳)、子供1人(男)
10.嗜 好 食事制限なし、飲酒する、喫煙せず。
11.横 顔  70年より政府の奨学金でフィジーの南太平洋大学へ留学。勉強以外にも空手を教えたり学生委員会代表を勤める等、活発な学生時代を送る。キリバスで公務員になった後も、短期間ではあるがPNGで、教育統計学、米国で開発のリーダーシップに関して学ぶ。
 1987年に国会議員に初当選し、94年に3代目の大統領になった後海外への出張も含め広大な領域に点在するキリバス共和国の島々を精力的に訪問している。


BACK