外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 主な要人の来日日程
主な要人の来日日程
ヴェルホフスタット・ベルギー首相の公賓訪日
(概要と評価)

平成13年2月26日

1.滞在日程概要

 ヴェルホフスタット・ベルギー首相は2月21日から26日まで訪日し、本邦滞在中に日・ベルギー首脳会談、森総理晩餐出席、御引見の他に、平沼経済産業大臣との個別会談、経済界やマスコミ関係者等各層との懇談、欧州統合に関する講演を行い、京都・大阪を視察した。

2.評価

(1)今次訪日の最大の成果は、日・ベルギー首脳レベルで、二国間関係の強化、グローバルな課題への貢献及び人物交流・文化交流の促進を3本柱とする行動計画に合意し、共同声明として発表できたことである。(共同声明骨子)

(2)特に、ベルギー政府及びベルギー進出の日系企業より強い要望のあった社会保障協定締結について、今般近い将来の協定締結を視野に入れて、双方の社会保障制度に関する情報・意見交換を含む交渉を関係当局間で本年中に開始することで合意したのは大きな前進。また、ベルギー側としては、両国の投資環境改善のための作業部会の設置に原則合意したことも高く評価している。

(3)さらに、「ヴェ」首相と森総理との首脳会談においては、上記の二国間関係以外にも、国連改革やアフリカ情勢について意見交換を行い、これらに関する日・ベルギー協力の重要性について認識の一致をみた。

(4)また、「ヴェ」首相や同行のネイツ外務担当国務大臣は関係閣僚等と個別に懇談し、二国間関係につき突っ込んだ意見交換を行ったり、我が国経済界やマスコミ関係者等各層と懇談を行うことで、幅広い分野における両国関係の進展に貢献。

(5)「ヴェ」首相は次期EU議長としての立場から、欧州統合に関する講演等を通じて関係方面に幅広く欧州統合の状況を紹介したことにより、日・EU関係の一層の強化に寄与。このように、「ヴェ」首相の今次訪日により次期EU議長国ベルギーと我が国の絆がより強固となることは、二国間関係の観点のみならず、日・EU関係強化の観点からも大きな成果があったと評価。


日・ベルギー協力に関する共同声明
(骨子)

1.二国間関係の強化

(1)首脳レベルを含む二国間政治対話の重要性
(2)貿易・投資促進及び中小企業間協力の促進のための環境整備
(3)社会保障協定の早期締結に向けた交渉の年内開始
(4)日欧間の迅速かつ効率的な交通手段の重要性
(5)食品安全等公衆保健問題に関する情報交換
(6)ベルギーのEU議長国期間(2001年後半)及び「日欧協力の10年」における日・EU関係の増進

2.グローバルな課題への貢献

(1)国連安保理・財政改革に関する協議の緊密化(日本の常任理入りへの支持)
(2)軍備管理・軍縮・不拡散への協力強化による紛争予防への貢献(小型武器、対人地雷を含む)
(3)対アフリカ政策(特にコンゴー民主共和国・ブルンディなど中部アフリカ)に関する協議
(4)WTO新ラウンド立ち上げに向けた協議の緊密化
(5)地球環境問題への取り組み(例:京都議定書の2002年までの発効に向けた努力の一層の強化)
(6)HIV/AIDS等感染症対策に関する協議の継続
(7)国際組織犯罪対策での協力(例:児童の商業的性的搾取に関する第2回世界会議)
(8)情報技術(IT)社会の重要性の認識

3.人物交流及び文化交流の促進

(1)ベルギー人研究者の日本研究に対する日本側の支援
(2)日本人研究者のベルギーにおける研究に対するベルギー側の支援



BACK


外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省