外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 主な要人の来日日程
主な要人の来日日程

要人来日日程(平成12年)



朱鎔基総理訪日の位置づけとねらい


平成12年10月10日

1.位置づけ

 日中友好協力パートナーシップの新世紀への飛躍

98年 江沢民国家主席の訪日 日中共同宣言の発出と33の協力項目についての一致
99年 小渕総理の訪中 かけ橋第1弾
00年 朱鎔基総理の訪日 かけ橋第2弾
   
01年 首脳間の往来 新世紀入り
02年 日中国交正常化30周年  

2.ねらい

(1)「平和と発展のための友好協力パートナーシップ」の定着

 両首脳が、相互理解の増進及び信頼醸成の重要性を再確認し、日中友好協力関係を重視するとの姿勢を明示的に再表明。特に、昨今日本国内で関心の高い日中間の懸案事項については、具体的な対応を求める。

(2)日中協力(33項目)の成果の確認と深化

 33項目について、これまでに得られた成果を確認(ホットライン、シンクタンク間の共同研究を通じた知的交流の開始、新漁業協定の発効、緑化基金事業の開始等)。
 同時に、今後の協力の一層の推進、深化をはかる。

(3)世界、特に地域の安定と発展に向けた協力の推進

 二国間の問題に取り組むのみならず、地域問題や地球的規模の問題についても協調して貢献できるような協力を推進する。



BACK