外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 主な要人の来日日程
主な要人の来日日程

要人来日日程(平成12年)






金大中(キム・デジュン)大韓民国大統領の訪日について


 金大中(キム・デジュン)大韓民国大統領は、9月22日(金)から9月24日(日)の 日程で訪日した。

・訪問の評価と概要(平成12年9月24日)

・ 日程

・ 各国・地域情勢(韓国)
・ 2002年日韓国民交流年(経緯と現状)



アタオッラー・モハジェラニ・イラン文化・イスラム指導大臣の来日について


平成12年9月14日

1.アタオッラー・モハジェラニ・イラン文化・イスラム指導大臣は、9月19日(火)から23日(土)まで、外務省の招待により来日する。

2.モハジェラニ指導相は、滞在中、三笠宮殿下との御接見、河野洋平外務大臣と会談および大島理森文部大臣との会談および夕食会を行うとともに、蓮實重彦東京大学総長との会談等を行い、奈良に地方視察を行う予定となっている。

3.モハジェラニ指導相は、ハタミ大統領の進める国内改革の一環で言論・出版・映画・音楽等の分野における規制緩和を積極的に推進しており、イラン国民から厚い信認を得ているハタミ政権の主要閣僚である。また、イスラム学にも造詣の深い敬虔なイスラム教徒として知られる。

4.なお、モハジェラニ指導相の今回の来日については、昨年8月、有馬朗人文部大臣(当時)より、日本に招待したいとの意向を伝えた経緯があり、同相の訪日は今回が初めてとなる。

・ 訪日の概要と評価(平成12年9月25日)
・ 日程
・ アタオッラー・モハジェラニ・イラン文化イスラム指導大臣略歴



ホー(エドモンド・ホー)マカオ特別行政区行政長官の来日について


平成12年9月13日

1.ホー(エドモンド・ホー)マカオ特別行政区行政長官は、9月18日(月)から22日(金)まで外務省の招待により来日する。今次来日は、マカオ特別行政区の行政長官として初めての訪日である。

2.同行政長官は、滞在中、河野洋平外務大臣主催昼食会に出席するほか、平沼赳夫通産大臣、続訓弘総務庁長官をはじめとする政府要人等を表敬訪問し、返還後のマカオの情勢や日本・マカオ関係等につき意見交換を行う予定である。また、森喜朗総理大臣についても表敬訪問する方向で調整中。

・ 訪日の概要(平成12年9月25日)



ダグラス・ドミニカ国首相兼外相の来日について


平成12年9月7日

  1. ダグラス・ドミニカ国首相兼外相は、随員と共に9月10日(日)から14日(木)まで来日する。

  2. 同首相は、滞在中、森喜朗総理、谷洋一農林水産大臣、荒木清寛外務総括政務次官を始めわが国政府要人と会談し、二国間関係の促進、国際場裡における協力関係等につき意見交換を行う。

  3. 同首相の来日は初めてであり、今回の訪日によりわが国との友好協力関係が更に強化されることが期待される。

    (参考)ドミニカ国
     カリブ海にある英語圏の国。1978年に英国より独立。首相の訪日は、97年のジェームズ前首相以来。




ロシア連邦大統領プーチン、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ閣下および令夫人の訪日について


平成12年8月25日

 ロシア連邦大統領プーチン、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ閣下および令夫人は、随員と共に9月3日(日)から5日(火)まで公式実務訪問賓客としてわが国を訪問される。
 滞在中、天皇皇后両陛下は、同大統領閣下および令夫人と御会見になるほか、宮中午餐を催される。
 同大統領閣下は、森総理と会談される。
 また、同大統領閣下および令夫人は、森総理夫妻主催晩餐に出席される。
 同大統領閣下および令夫人の今次訪日は、日本国とロシア連邦との親善関係を一段と深めるものとして、政府は心からこれを歓迎するものである。

・ 訪問の概要・成果 ・ 外務大臣記者会見記録 ・ 日程
・ 各国・地域情勢(ロシア)





カレンダー(9月) / 目次