総理大臣

野田総理と胡錦濤・中国国家主席との懇談

平成24年3月27日

 27日午前,核セキュリティ・サミットの会場において,野田総理は,胡錦濤・中国国家主席との間でやりとりを行ったところ以下のとおり。

  1. まず,胡錦濤主席から,昨年12月に野田総理をお迎えできて非常によかった,その後,両国間で様々な話し合いも続いており,両国間関係前進に向け,モメンタムを活かしていきたい旨述べた。
  2. これに対して,野田総理より,先般のおもてなしに感謝する。今年は国交正常化40周年であり,これを契機に是非良い関係を築いていきたい旨述べた。また,野田総理より,北朝鮮が発表した「人工衛星」と称するミサイルの発射については,貴国と連携する形で強く自制を促していきたい旨述べた。
  3. これに対し,胡錦濤主席より,地域の平和と安定は非常に重要であり,この問題に中国としても強い関心を有している旨述べた。
このページのトップへ戻る
野田総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る