総理大臣

ホノルルAPECの際の日露首脳会談(概要)

平成23年11月13日

  • (写真)ホノルルAPECの際の日露首脳会談(概要)-1
    (写真提供:内閣広報室)
  • (写真)ホノルルAPECの際の日露首脳会談(概要)-2
    (写真提供:内閣広報室)

 11月12日午後1時15分(現地時間)から約30分間,野田総理は,APEC首脳会議に出席するため訪問中のホノルルにおいて,メドヴェージェフ・ロシア大統領と会談を行った。

1 日露関係全般

野田総理から,アジア太平洋を取り巻く安全保障環境が大きく変わりつつある中で,時代の求めに応えられるような外交・安全保障政策を進めたい,そのような観点から,自分はロシアとの関係を重視しており,エネルギー,近代化を含めあらゆる分野で協力関係を拡大し,その中で,真の友好関係の構築を目指したいとの考えを述べた。
メドヴェージェフ大統領からは,日露間の政治対話が発展していることを歓迎する,外相レベルの対話や議員交流など様々なチャネルを活用していきたいとの発言があった。また,日露の経済貿易関係が近年最高のレベルに達していることに満足しているとの発言があった。

2 領土問題

野田総理から,両国間の領土問題を解決し平和条約を締結する必要があること,交渉は日露両国の間で達成された諸合意に基づき行う必要があることを指摘した。両首脳は,問題解決の必要性を再確認し,お互いに相手を尊重しつつ,議論を続けていくことで一致した。

3 日露協力

(1)経済協力
 メドヴェージェフ大統領から,具体的な案件に言及しつつ,日本とのエネルギー協力を重視しており,協力を進めたいとの発言があった。野田総理からは,双方が経済的利益を得る形で,今後ともエネルギー分野における協力を進めたいとの発言があった。
(2)ウラジオストクAPEC
 野田総理から,ウラジオストクAPECの成功に向けて協力する用意がある旨述べた。
(3)安全保障
 メドヴェージェフ大統領から,アジア太平洋において日本との間で安全保障分野の協力を強化したいとの発言があった。両首脳は,安保分野の協議,防衛当局の対話を進めていくことで一致した。
(4)ロシアの近代化
 野田総理から,ロシアの近代化への支持を表明し,その中で 法の支配,司法の独立,汚職対策等の強化が重要であることを指摘した。

4 政治対話

メドヴェージェフ大統領から野田総理に対して訪露の招待があった。野田総理は,感謝をするとともに検討したい旨述べた。

5 その他

メドヴェージェフ大統領から天皇陛下の早期回復をお祈りするとの言葉があった。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る