総理大臣

米国有識者による野田総理大臣表敬

平成24年10月22日

本22日午前11時30分から約25分間,野田佳彦内閣総理大臣は,来日中の米国有識者(スティーブン・ハドレー元大統領補佐官,リチャード・アーミテージ元国務副長官,ジェイムス・スタインバーグ前国務副長官,ジョセフ・ナイ・ハーバード大教授)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです(日本側:芝官房副長官,木寺官房副長官補,伊原外務省北米局長ほか同席)。

  1. 野田総理から,日米関係や東アジア情勢に造詣の深い有識者の方々の来日を歓迎する旨述べました。米国有識者からは,本日は超党派のアジアの友人そして日本の友人として訪日した,政権や党派を超え米国として日米関係の重要性については疑いがない旨述べました。

  2. この他,両者は,日米関係や東アジア情勢について率直な意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
野田総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る