総理大臣

野田総理大臣とオランド次期フランス大統領との電話会談

平成24年5月7日

 本7日(月曜日)午後6時35分から約10分間,野田総理大臣とオランド(Mr.François Hollande)次期フランス大統領との間で電話会談が行われたところ,概要以下のとおりです。

  1. 冒頭,野田総理より大統領選挙の勝利に祝意を表し,2月にオランド大統領候補(当時)の名代として来日したローラン・ファビウス元首相(Mr.Laurent Fabius, Former Prime Minister of the French Republic)の発言に触れつつ,共に新たな日仏関係の強化に取り組みたいと述べました。これに対し,オランド次期大統領は感謝を述べるとともに,野田総理と共に日仏関係を一層発展させたいと述べました。

  2. さらに野田総理より,日仏両国は,基本的価値と利害を共有する戦略的パートナーであり,北朝鮮・イランの核問題,欧州債務危機及び日EU経済連携協定交渉の開始等,国際的な諸課題について緊密に連携していきたいと述べました。これに対し,オランド次期大統領より,御指摘のとおりであり,様々な国際的課題に共に取り組みたい旨述べました。

  3. 最後に野田総理より今月のG8サミットの機会にお会いできることを楽しみにしている,また早い時期に訪日して頂きたい旨述べ,オランド次期大統領より,野田総理と様々な機会にお会いするのを楽しみにしている旨応じました。

このページのトップへ戻る
野田総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る