総理大臣

日中知事省長フォーラム中国側代表団による野田総理表敬

平成24年4月18日

 本18日(水曜日)午後5時50分から約10分間、日中知事省長フォーラムの中国側代表団が野田佳彦内閣総理大臣を表敬したところ、概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭、野田総理より、一行の来訪を歓迎する、日中双方の地方自治体の長が集う日中知事省長フォーラムが成功裡に開催されたことに対する祝意と、関係者の努力に敬意を表したい、首脳間の往来や青少年の交流と同様に地方自治に携わる関係者の交流も極めて重要であり、今回のフォーラムも新たな契機として日中間の地方同士の対話や協力が深まることを期待している旨述べました。

  2. これを受けて、中国側を代表して張毅(ちょう・き)・寧夏回族自治区書記より、昨年末に野田総理が訪中されて、両国が本年を「日中国民交流友好年」と位置づけて国民間の交流促進を約束されたことは非常に有意義なことであり、今回の中国側代表団の訪日は両国首脳間の約束を具現化したものであるとも言える、フォーラムにおける議論も非常に建設的で活発なものとなり、大きな成果を上げることができた、今後とも、双方の地方自治体の長が協力して、日中友好関係の促進に力を尽くしていきたいと考えている旨述べました。
【参考】双方出席者
(日本側)
山口壮 外務副大臣 他

(中国側)
張毅(ちょう・き) 寧夏回族自治区書記
程永華(てい・えいか) 駐日中国大使
李小林(り・しょうりん) 中国対外友好協会会長
ヌル・ベクリ 新疆ウイグル自治区主席
李斌(り・びん) 安徽省省長
竺延風(じく・えんぷう) 吉林省副省長
林念修(りん・ねんしゅう) 広西チワン族自治区副主席 他

このページのトップへ戻る
野田総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る