総理大臣

野田総理とハーパー・カナダ首相との電話会談について

平成23年12月14日

 本14日(水曜日)午前10時過ぎから約20分間,野田佳彦内閣総理大臣は,先方の発意により,スティーブン・ハーパー・カナダ首相(The Rt. Hon. Stephen Harper, Prime Minister of Canada)と電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. ハーパー首相から日加EPA共同研究につき提起があり,野田総理から,日加EPA共同研究は,来月に次回共同研究会合を開催して,共同研究報告書を完成させ,交渉を開始できるよう取り組んでいきたい旨述べたのに対し,ハーパー首相はこれを歓迎しました。

  2. また,双方は,両国がTPP交渉参加に向けて関係国との協議に入る旨表明したことについて意見交換しました。

  3. 更に,BSE対策全般の再評価に関し,ハーパー首相からカナダ産牛肉輸入条件緩和について食品安全委員会への諮問の準備が開始されたことを評価する旨述べました。

  4. 双方は,欧州経済問題についても意見交換しました。

  5. 双方は,日加物品役務相互提供協定(ACSA)に関する協議など日加安保協力を更に進めていくことで一致しました。

このページのトップへ戻る
野田総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る