総理大臣

日伊電話首脳会談

平成23年2月3日

本3日(木曜日),午後6時35分から約20分間,菅直人総理大臣は, ベルルスコーニ・イタリア首相(H.E. Mr. Silvio Berlusconi, President of the Council of Ministers of the Republic of Italy)との間で,電話首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,エジプトからの日本人滞在者・旅行者の出国に関し,菅総理よりチャーター便の運航に対するイタリア政府当局の支援に感謝の意を表明しました。その上で,両首脳は,現下のエジプト情勢に関し意見交換し,ベルルスコーニ首相より,欧州首脳が署名した共同声明の骨子につき紹介がありました。右に対し,菅総理より,エジプトが民主的政府に平和的に移行することが必要であり,日本としても必要な協力をしていく旨述べました。

  2. 両首脳は,お互いの国内経済状況及び経済政策について意見交換を行いました。菅総理よりは,まずはデフレから脱却し,成長率を現在の見通しである1.5%より高くしていきたい,国を開く決意であり,その文脈で今年の課題としてEUとのEPA交渉を開始したい旨述べました。

  3. 2015年のミラノ万博参加招聘に対して,総理より,参加を検討する旨述べ,最後に5月下旬のG8サミットでの再会をお互いに約束しました。

このページのトップへ戻る
菅総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る