総理大臣

スリン・ピッスワンASEAN事務総長による菅総理表敬について

平成22年10月20日

  • (写真)スリン・ピッスワンASEAN事務総長による菅総理表敬
    (写真提供: 内閣広報室)
  • (写真)スリン・ピッスワンASEAN事務総長による菅総理表敬
    (写真提供: 内閣広報室)

本20日(水曜日)18時10分から約20分間,スリン・ピッスワンASEAN事務総長が菅直人総理大臣を表敬訪問したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,菅総理より,ASEANの中でも特に日本を重視しておられるスリン事務総長の訪日を歓迎する,同事務総長と協力し,日・ASEAN関係を一層深化させたいと述べました。また,菅総理より,ASEANの発展は,我が国及びアジア太平洋地域全体の平和と繁栄に直結しており,「新成長戦略」を通じ,アジアの膨大なインフラ需要への対応や課題解決のために,我が国の優れた経験・技術を活用できるものと考えると述べました。

  2. スリン事務総長より,ASEANの発展と地域アーキテクチャーの構築に当たり,日本は極めて重要であり,菅総理の協力を得たい旨発言しました。

  3. 菅総理より,今月下旬に予定されている日ASEAN首脳会議においては,ASEANとの関係を一層深化させるべく取り組みたい旨発言し,スリン事務総長も全く同感であり,総理のASEANに対する強い関心に感謝する旨述べました。
このページのトップへ戻る
菅総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る