鳩山総理大臣

日米電話首脳会談について

平成22年5月28日

  1. 本28日(金曜日),午前8時過ぎから約20分間,鳩山由紀夫総理大臣は,オバマ米大統領との間で,日米電話首脳会談を行いました。
  2. 電話会談では,日米関係のほか,韓国哨戒艦沈没事案及びイランの核問題への対応について意見交換を行いました。
    • (1)日米関係に関しては,鳩山総理から,「2+2」共同発表の発出への合意を歓迎し,日米同盟を一層深化,発展させていきたいと述べた上で,そのためにも,普天間飛行場の移設問題について,地元の理解を得つつ,代替の施設の建設や沖縄の負担軽減に向け日米間で協力していきたい旨述べました。オバマ大統領からは,鳩山総理の努力に対する感謝と総理の発言に対する賛意が示され,日米双方で更に努力することとなりました。
    • (2)韓国哨戒艦沈没事案に関しては,両首脳は,北朝鮮の行為は許し難いものとして強く非難するとともに,今後の国連安保理での対応を含め,韓国とともに協力すること及び日米間の協力を強化していくことで一致しました。
    • (3)イランの核問題に関しては,鳩山総理から,イランの核問題を憂慮している旨述べ,国連安保理での対応を含め,日米が緊密に連携していくことを確認しました。
    • (4)また,両首脳はG8サミット及びG20サミットで再び会うことで一致しました。
このページのトップへ戻る
鳩山総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る