鳩山総理大臣

マッキー・オマーン国家経済大臣による鳩山総理大臣への表敬

平成22年4月20日

 本20日(火曜日)、10時10分から約20分間、鳩山総理大臣は総理官邸において、来日中のマッキー・オマーン国家経済大臣の表敬を受けたところ、概要以下のとおりです。

  1. 鳩山総理大臣より、マッキー大臣の訪日を歓迎するとともに、カブース国王の御即位40周年を心よりお祝いする旨述べました。続いて、日本は、海上交通の要衝に位置するオマーンとの間に、これまで石油、天然ガスといった経済分野で密接な関係にあるが、こうした関係の上に、更に、様々な分野で日・オマーンの協力関係を強化して行きたい旨述べました。
  2. マッキー国家経済大臣より、毎年のように訪日しているが、オマーンと日本との二国間関係、特に日本企業との関係が、相互利益の観点から更に強化されていることを嬉しく思うと述べ、この関連で、インフラ分野におけるJBICの協力、環境分野におけるJICAの協力に感謝するとともに、日本との間の早期の租税協定の締結、オマーン航空の本邦への乗り入れについての要望がなされました。
  3. 鳩山総理より、GCCとの間のFTAの早期締結を求めました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る