福田総理大臣

福田総理大臣とマヒンダ・ラージャパクサ・スリランカ大統領との電話会談について

平成19年10月5日

 福田総理は、10月5日午後6時10分から約10分間、マヒンダ・ラージャパクサ・スリランカ大統領との間で、先方の申し入れにより電話会談を行ったところ、概要以下のとおり。

  1. ラージャパクサ大統領より、総理就任に対する祝意が述べられたのに対して、福田総理より謝意を表明するとともに、これまで日本・スリランカ協会の会長として両国関係の強化に尽力してきたが、今後は総理大臣としても二国間関係の強化に努めたい旨述べた。
  2. 福田総理より、我が国はスリランカ和平プロセスについて、明石政府代表を通じ積極的に協力してきており、和平の進展を期待していると述べたのに対し、ラージャパクサ大統領より和平が進展するよう努力し、貴首相に説明していきたい旨述べた。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る